スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛盾!

   (介護日誌)


=1月30日19時の出来事=

19時の夜の注入の時にチューブの先、確認20分かけても全く判らない

病院に電話するも話し中で中々通じず、やっとの思いで通じて事情を話す。


Drに連絡を取って貰い、看護師の指示により、今回は65cmなので、「5cm抜く事が出来ますか?」と聞か

れて、「オカンは出来ると答える」5cmをゆっくりと引き抜いて、チューブが抜けないように、新しいテープを

貼り、再確認の間は携帯を置いて聴診器を充て確認

携帯を持ち「確認出来ました」と報告する。


バイタルチェックは全く異常ないので安心だったが、チューブの先が確認出来ないのに注入する事は怖い。

腹臥位でソリタの時は何時もよりは音が小さいが確認出来たので注入する事が出来たが、


仰臥位では20分かけても出来ない。以前に講演で聞いた事があったので

”ひょっとして上に折曲がれ?”が頭に浮かんだ


胃ろうは絶対にしない


と決めているオカンならば、どうするの

鼻注を続け、鼻からチューブが入らなくなったらオカンは諦める。

何を耕祐の命を意思表示が出来ない息子にかわり、

オカンにそんな権限があるまいが考えに考えたオカンの結論である。


昨日、帰宅後寝っぱしの息子・・もう起きる事はしないのかと思っていたが、

3時には何時もの大きな目を開けて起きているので一安心だが、一日の生活リズムが違ってくるのか


まだまだ、オカンは一緒に暮らしたいと思いつつ胃ろうは絶対にさせないと矛盾なオカンである。


「一緒に 普通に暮らす 願いつつ 心裏腹 桜見るまで」


16時に元気に大きな目を開けての帰宅である

何時ものような生活リズムで仰臥位で起きてくれている。

「耕祐君」と呼びかけると笑顔で応えてくれるのが、オカンには一番の幸せである。

後ろを振り向かないと思いつつ、耕祐の事を思い過ぎて気弱になる情ないオカンである。


スポンサーサイト
プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。