スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉を語るお店!

「ささゆりの 花の囁きで 生きる意味 勇気貰いて 未来明るき」

「語り合い 夢を描けば 実現の 篤き理想が 成し遂げるなり」


【8日の懇親会】

「福祉を語り続けられたお店」で、「普通に生きる」を観ての感想や色んな篤き発言にオカンは嬉しかったのは心の底から、障害・難病・途中障害の全ての子を愛してくれている事に感動であった。

オカンの聞き取り筆記は充分な報告が出来ないのは判っているが、テーブルの下で必死に記録したのに、書いたそのメモが見あたらない何時もドジなおかんである。
親2名・プロジュサーと友人2名・Weの編集者の「乱読大魔王」・こよなくハンディあれども全ての方を愛する「鴻池スペース」の社長で特に女の子にはデレデレの社長・あかつき福祉会の方7名の参加で盛り上がり過ぎて最終電車・ホテルのチェックインも忘れての篤き思いを語りあえて、本当に有意義な1日であった
あかつき福祉会の皆さま、もう一度こんな機会がつくれたら良いなぁと思い、ただの飲兵衛のオカンですが、「地域で誰もが暮らしやすい」縁の下の力持ちにでは無く、貴方が主役で貴重な人材だと思いました。この後とも宜しくお願い致します。

オカンは息子が入院しているにもかかわらずに、西宮で行われた2月23日「重度心身障害児者地域生活モデル事業」3月2日「青葉園実践研究発表会」8日は箕面市で行われる【普通に生きる】上演参加をさせてもらう。

オカンがふっと思った事は、普通の親ならば我が子が入院なら心配で参加せずだろうと思うがオカンの場合は施設慣れで入所しているからの気持ちが残っており、入院しているから大丈夫と思う心があるように感じた。今までの人生もそうだったがオカン自身の遣りたい事を優先する性格はなおらずで、耕祐には申し訳なく思うが、この息子が行かせてくれていると感謝。

耕祐自身が「耐える事を身につけており、オカンの遣りたい事は頑張って遣り」と背中を押してくれている事に嬉しく思う。
しんどい思いをさせているのはオカンが駄目親で堪忍やで!こんな駄目母の子に産まれてきてくれて本当に有難うね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。