スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人の子供の幼き頃!

昨日はオカンも耕祐も20時前には寝ってしまった
6時7分に発作ありだが、こんな小さな発作は何回も見過ごしているだろうなぁと思いながら吸引をする。
7時39分は大発作で口を開いているので痰が渦巻いているのが良く見えるが、正気になるまでは顔の表情を観察するが苦しそうで途中は泣き声を出して、オカン自身の気持ちは穏やかでないが耐えるしか出来ない耕祐が落ち着いた頃に吸引をする。

10時に入浴のお迎えで11時45分に帰って来る。
直ぐに吸入をして腹臥位で注入開始であるが、オカンが入浴の小物一式を忘れた事で「宇宙語」で文句が始まったので「御免な、今度から気をつけるから」となだめて文句が治まった

昨日、オカンはシゲさんの用事で南区役所まで、来客の方に厚かましく車で送って頂き嬉しかった。帰りは少しブラブラと札の辻が懐かしくて、結局は1号線から24号線まで運動のつもりで歩いた。街並みは27年前なのでスッカリと変貌していた。この頃もカシワの卸業から小売店に変わっただけで、働く労働時間は変わらずに必死に頑張ったなぁと思いながら、耕祐の体調がおもわしく無くて「何度も施設からの連絡だった」 辛さ・哀しみから逃れる為に必死に働いたっけ。

オカンは3人の子供に愛情を込めて育ててきただろうかと思う。オカンなりに必死で子供の成長を喜んで育てたつもりだったが、確かに仕事優先で最低の母だったけど、子供を手放してオカンだけが楽になりたいなんて事は1度も思った事はない。

でも、姉に妹の保育園の迎えを頼み、面倒は見させていた。
同級生は一人で自由に遊べるのに「なんで、私は妹を連れて遊ばなあかんの」と云う不満はあったと大人になって云われた事がある。高校生になってクラブも入りたかったけど、お金が掛かるからと諦めた事・皆がゲームを持っているのに買って貰えなかった事・服も買ってもらえなかった事等々と色んな事を云われた事を思い出す。

今年の11月で結婚して20年になるが、夫婦喧嘩をして帰って来る事1度も無く過ごしている。22歳で嫁ぎ6月になれば、もう42歳になる。

オカンが42歳の時は何をしてたんだろうか?
娘を嫁がすための準備をしており、嫁ぎ先で惨めな思いはさせたくない気持ちで、先方の格式に合わせて婚礼道具は持たせた。1日14時間の仕事をこなしており、殆ど一緒の時間を過ごした事が無いのに1年程は寂しくて泣いていたなぁ

今、花に愛情を注ぎ世話をしているが、子にこんだけの愛情を持って育ててこれなかったオカン自身がフッと寂しくなるのは、歳を取ったせいだろうか?
姉から貰ったカーネションの蕾みを開花させた事が無かった反省かしら

「花育て 過去を想いて 寂しきは 娘に対して 詫びなりしるる」

「月夜見し 自の人生を 振りかえき 涙の訳は 娘の悪き母」

発作あれども、今日も一日を終えた事に感謝
だが、耕祐の仕返しが始まったこの事は明日の続きにして、お・や・す・み
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。