スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲惨で残酷な写真展!

今朝も6時15分に発作あり、直ぐにダイアップを使用。眠っていて突然に起こり驚愕な表情に耐えれないがオカンが気弱になる訳にはいかない。1度起これば連続なのでオカンはパソコンの前からは動けない。
ひとり介護なので気分を落ち着かせて、臨機応変で互いの時間を持ち気楽に介護するしかない。ダイアップの効きめか14時半までグッスリ眠っている寝顔は本当に可愛い

【向島・笑顔つながろう会】の代表者に息子が皆さんから預かった貴重な「愛の義援金リレー」を手渡した
MJ!+003_convert_20130803174714.jpg
【悲惨な戦争を2度と起こしてはならぬ】
MJ!+004_convert_20130803174942.jpg MJ!+005_convert_20130803175415.jpg 

MJ!+007_convert_20130803183014.jpg MJ!+008_convert_20130803183400.jpg
   
MJ!+009_convert_20130803183743.jpg MJ!+010_convert_20130803184008.jpg

米軍によって原爆が落下され、68年経っても広島・長崎は悲惨な思いをした方々が現在でも残酷・悲惨だった心の苦しみを持っているにもかかわらず、日本人である東京電力は儲け主義だけで「福島第一原発事故」の結果を改竄報告。
東日本大震災の津波で発生となったが、高濃度の汚染地帯から人々は故郷を失いこれから日本の未来を担う大事な宝物である子孫を放射線による障害で、母は子を思う気持ちで不安な毎日を過ごしている。

このような事態を把握しながらも国は承認をする。昨年の夏には大飯原発を再稼働するにあたり、関西電力の「電力不足で計画停電」を持ちだした。

オカンは直ぐに「関西電力・伏見営業所」に電話をかけ「医療的ケアで吸引・吸入・体温調整が出来ない息子にはクーラー無しの生活は死に繋がると必死に訴えた」
電話対応は「発電機を買って下さい!」と冷ややかな返答だった「低所得家庭で買うお金なんかあらへん!勝手に計画停電をするのはあんたとこの責任やから、発電機を用意するのが当たり前やろ!」と毎日のように電話攻撃をした。

その甲斐あり、2週間で発電機貸出の第1号機が届いた。オカンは我が息子だけの為に行動を起こしたんで無く、道筋をつくり既成事実で、弱気人達の事を考えての事である。キチンと電気代を払っているのに一方的に計画停電をされて堪るか!

「戦争で 得る物は無し 血の海で 家族失い 残る哀しみ」

「戦争の 経験者が 重い口 開き語りし 世代に伝え」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。