スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西国33ヵ所巡り!

「京都駅 バス停ミスト 爽やかは 一瞬だが 気持ち良きなり」

「自然から ほど遠い街 京での 催し七夕 幻想な夜」

京都駅に行く機会が多くなって、バスで目的地に早く着きブラブラするって事はない、オカンだが何となく 目についたのは「六角堂」であり、1度来た記憶がある。
西国18番札所で朱印を頂く為で、慌ただしく次に巡るのでお参りだけをした。

六角堂が池坊と繋がっているとは知らなかったオカン。売店を覗くと「にくき秀吉」と書かれた本が販売されていたので歴史的な背景があったんだろうなぁとボンヤリと思う。お地蔵さんに何で手編みの帽子が被せられているのか不思議だった。
蜈ュ隗貞ゑシ・004_convert_20130809074628 蜈ュ隗貞ゑシ・005_convert_20130809074847

3人目の孫が無事に生まれますようにと娘夫婦の為に祈る気持ちであったなぁ。

2人目は入院しているにもかかわらずに、突然に「心音」が聞こえなくなり亡くなった3日後に自然分娩で娘にかける言葉もなかった。この時はオカンは毎日のように大津から京都大学病院に通い、娘に付き添った。

3人目は女の子だったので、今度こそは元気に生まれてやぁの気持ちで、西国33ヵ所巡りを始めたきっかけとなり、参り終えたがオカンは娘の幸せを願い精神的・身体的にもボロボロ状態であり、娘からのキツイ言葉で「入院」を決意した。

あの時に病院に行き入院をして居なければ、恐らく手遅れになっていただろうなぁと思う。無宗教な人間が困った時にだけ、仏さんにお願いしても無理だと悟る。

3人目の時はオカンは入院中なので、娘に付き添ってあげる事もなく、帝王切開で生まれた知らせメールできたが、オカンの予感は又しても的中で10時間後には亡くなっていたオカンが身代わりになってあげたかったとその時はつくづく思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。