スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝罪か!

「貧しくも 母子ささやか 暮らせなり 怯えの脱皮 終の住みかで」

「燃え尽きて 路彷徨いき 朝陽 眺めし勇気 母強しなり」

良心の呵責で死にゆくのは、オカン達に詫びる気持ちなのか?生命保険失効前の三日前であり、オカン達に残してくれた金額は僅かかも知れないがオカンには大金のように思えて子供達の為に中期ファンド、郵便局に10年預ければ非課税で年率8%で高利率を活用して、オカンなりのマネーゲームが始まった

オカンは一銭も手につけずで、まだ小学校の長女には何処に貯蓄している事・印鑑はコレやからと全てを教えて置く。オカンにもしもの事があった場合に、この子達は頼る人が居ないので責めて父親が残したお金だけは3等分で、子供名義にしている事を教えておいた。だから、長女はお金の大切さや生命保険の必要性を感じる人間に成長したと思う。

オカンは福祉手当等をあてにせずで諦めていたので貰えるようになっても「無いものと思い」高利率の時だったので全てをマネーゲームで楽しんだ。
お金のある人はケチと世間では云うが、そうじゃなくて有効に使っている。お金が無いと云う人ほど無駄使いが多いと思う。

本当にお金が無いんだったら、考えて使うべしと思うが入院中に1日に何度も喫茶店に行きながら病院代が払えないと云う。

人それぞれ性格・産まれた環境で考えは違って当たり前である。

それにしても、旦那はどんな気持ちで生きて来たんだろうか?若き頃から黄疸を患い肝臓が悪いのに1口飲むと止まらずで、飲むと喧嘩をして血だらけで帰ってきたり・・・3人の子供を想うならば、そんな生き方はせずに前向きに頑張れたにと考えるが、オカンが何もせずに甘えてお姫様のような性格だったら良かったんだろうかと30年前を思い出す。今更、過去を振り返っても何も元に戻れない。
子供を与えて貰えただけで、オカンは頑張って来れたのが救いであり、あの時の残酷な地獄から今は最高の天国の階段を歩む

昨日に退院してきたので、明るい話題・そして息子を引き取る準備を無理なく行なうことにする。1週間で我が家での生活パータンに戻さなければあかん!

今は息子に逢いたい気持ちで一杯であり、オカンの事忘れていないかしら!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。