スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人だけの介護法!

在宅当時からすれば本人に合わせた介護法になってきている。当初は耕祐に接する方法さえ知らぬオカンで、1日中ベットの横に居り気持ちの余裕さえなく、引き取って直ぐに死なせる事だけは避けたい思いがあったなぁ。

施設のDrが思われていた半年の命そんな事は知らなかったが、猛反対で引き取った以上は元気に育てたい一心。

あっという間の6年目が経ったが、日々様子が変わる耕祐に気分的に今でも余裕はないがある程度、生活リズムが把握できるようになったので、耕祐に神経を使う時とオカン自身の気を休める時間が持てるようになった。

今朝は体位交換をすると少し不機嫌だがバイタルチェックは正常で注入開始後には眠ってくれれ「僕は眠たいねん!」早く寝かせてと云っているんだろうか?
雍医j迚ゥ・・003_convert_20140120061623
眠ってくれるとオカンも安心で、注入の落ちる早さ・発作が起きたか・痰に気配りさえすれば良い。発作は睡眠中に急に起こるので、これだけは防ぐ事は出来ないが顔の表情・時間を計るだけだが、それによってダイアップを挿入するかの判断する必要があるので見逃せないけど、オカンはパソコンが出来るる時間なので苦にはならない。

「介護にも やり方次第 楽しきて 心の余裕 生きる重さか」

「君と生き 幸と感じし 外見れば 老いの春花 共に楽しき」

互いの時間を尊重して無事に1日が終わる喜びで、オカンは早く寝たい!! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。