スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5時の風は爽やか!

「朝はやく 小鳥さえずり 気持ち良き 大空仰ぎ 無事にと願う」

「早朝 どんより雲で あかね空 見えず心が 重く感じし」

今朝のオカンは目覚ましで起き介護の始まりである。
第一段階のケアを終え、注入の開始だが、今朝は大きな目を開けて起きている。その間に痰吸引を3回して、楽になったのか30分後には眠りだした

体温は36,1度だがサーチュレションのspo2の数値が定まらない金曜日の夕方から酸素流量を0,1にしている。

一時は0,5でspo2の数値は95あったが、低い時は90以下であり、0,75で少し安定しだしたが再び不安定になっている。

耕ちゃんの場合は口呼吸なので、痰が溜まっていると呼吸がしにくいのだろうか?流量を、0、1でも数値は最高95である。
酸素療法を始めた時は、流量0,1だったがspo2の数値も良くなったので、頼り過ぎて自力呼吸をせずになるとDrから指示を受けて変更だが、最近は痰の吸引でねばく多量続きなので、やっぱり呼吸がしにくいのかな!と思い、今日は1日中、サーチュレションを指に挟んで様子を見てみようと実行。痰が溜まっていたり、不快感の時は心拍数も100を超える時も度々である。痰吸引をしっかりとしてあげ痰の溜まりを防ぐと安定数値。

でもオカンは気管切開は考えていない。

耕ちゃんの診断は、体幹の変形が著しく拘束性呼吸障害があり、気管支炎などで容易に呼吸不全をきたす。である。

気温の変化・肺に痰が溜まった状態で、発熱しない事で救われているが何時かはと思うので、オカンが朝起きると背中に手を当てるのが日課になっている。

こんな症状・状態でも、何処にでも行かすオカン。お出掛けをさせた後に体調を壊す事がないようにと神経質になるが、行ける状態であれば何処にでも連れて行ってあげたい。

色んな事を考えながらも、耕ちゃんが頑張ってくれるからオカンも頑張れる

6月最後の日である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。