スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うりずん通信!

昨日は本当に暑かったの一言で、トイレはサウナ状態でオカンの部屋はクーラーを使用しているので、家の中でも室温が全く違う。
耕ちゃんが居るならば当然と、普段から感じていたが一人の生活でクーラーが身体にとっての良し悪しに気付いた

扇風機を回さずなので、クーラーの冷たい風が足元に直接当たり、時には身体が急に寒さで震え、タオルケットを掛けると今度は異状な暑さである。
これがテレビニュースで云っている、自律神経障害なんだなぁと気付くオカンで眠る時は思い切ってクーラーを消し、手の届くところに水分を置いておく。

別荘に行かす日にオカンは動き過ぎたので、昨日は何もする事が無かったのも原因で、ゆっくりと分けて動けば良かったのにと反省。

時計を見る癖はなおらずに、今頃は朝の注入だろうかと耕ちゃんの事を想い浮かべながら3日目を迎える。


【うりずん通信・テレマカシー第10号】を読み、重症障がい児者のみなさんの中で一番、理事長の高橋先生の笑顔が輝いているとオカンは読みながら笑みを頂く

DreamNight at the Zoo in 宇都宮動物園の行事の写真を見て参加された、利用者家族・スタッフ・ボランティアの楽しかったねハーイポーズ!での笑顔も最高であった。

第9号から我が家に届き、2回目を読み、今回は高橋昭彦先生の経歴を読み、滋賀県で地域医療と小児科診療に医学部卒業後に従事・2001年には老人保健施設琵琶湖施設長を経て、アメリカホスピス研修中にテロ事件に遭遇。帰国後開業を決意され、ひばりクリニック開業、4年後に重症障がい児者レスパイトケア・うりずん開設、4年後の2012年3月特定非営利活動法人うりずん理事長。

アホなオカンは「尊敬している人」マザーテレサ・父親と書かれているのを、マザーテレサの父親と解釈して、可笑しいなぁと考えると判ったが、ほんまにけったいなオカンで、今だに「うずりん」と思いこんでいる
マザーテレサはを尊敬する方は、本当に多く、オカンもその一人で(愛と平和の使者 マザーテレサ)の本を持っているし、写真展にも見に行った。

うりずんに対する思い: 重症のお子さんととその家族が地域で普通に暮らしていけるような社会を目指していきます。皆様に感謝です!ハローウィンで溢れる笑顔に感動する。

素晴らしいうりずん通信を読んだら、オカンまで元気パワーを頂けたと感謝で~す。

「尊敬は マザーテレサと 偉大人 福祉を目指す 多くの人よ」

「ハンデでも 授かり命 生きるバネ 社会資源 貴重なりて」

【ヘルシー・ソサエテイー賞】を高橋昭彦理事長が受賞・おめでとうございます
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。