スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お墓参り!

今日に次女夫婦が来てくれると、この間の電話で聞いたので「墓参りに連れて行って欲しい」と頼んだが、良く考えると霊園の門から車が混む可能性があるので中止する事をメールで知らせ、元々、我が家に来る予定だったので耕ちゃんに逢いに来たってと頼む。

耕ちゃんは久しぶりに逢う妹に、どんな反応をするだろうか
声を覚えており笑顔になる。二人は誕生日が同じで、次女が生まれた時には耕ちゃんと妹は双子の面倒を見ているようであったが、育て易い次女にオカンは甘えていたなぁと、この歳になると過去を振り返り反省する事が多い。

先月から、オカンが一人で行く予定をしていたが行ける日は猛暑日で、今のオカンには体力的に辛いので諦めざるしかなかった。

今日は父の月命日で、17日は母の月命日オカンが一歳になった頃に離婚したが、二人共12月に亡くなった。両親に育ててもらった訳ではないが、何故か父の介護を5年もしたので涙も出なかった。
母の知らせは近くであり遠き国からの知らせに一晩泣きあかした。母の写真は年々、精気が無くなっており何となくもう直ぐ逝くだろうなぁの予感はオカンにはあった

不思議な事に、3日前に兄の夢を見て金縛りにあったが、宇治川が38度線か?もしもの事があっても知らせはこないだろうと思うと哀しいが、全てが父の責任である。

耕ちゃんは何時もの時間を過ごして、9時にだ~い好きな入浴に眠ったまま行くが、11時前には「あぁ気持ち良かった!」と帰ってくるが、腹臥位と昼の注入開始すると眠りに入ると思いきゃお腹の音が聞こえ、暫くすると臭う
注入中なので「終わるまで我慢やでぇ!」と云うと、何時もなら眠るのに気持ちが悪いのか眠らずに起きている。

12時過ぎに、時間的には早いが仰臥位にして処理をしたが、眠たい時間を逃したのか寝ずに起きている。オカンと妹夫婦の会話を聞いているようにも思う。

目を声のする方に向ける耕ちゃんであり、妹が「帰るよ!」と声を掛けると、もう帰るのと云いたそうであった。

「我人生 ついえた夢を 糧にして 母の想いが 子に伝わるか」

「舞いあがる 鳥たち眺め 自由良し あでやかな夢 抱きて生きる」

時には想定外の出来事も起こるが、それも我が人生と受け止めるしかないと思い、山あり谷ありの人生だったがこれも良しと生きなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。