スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行のあくる日は別荘!

旅行中に排便が無く気にしていたが、丁度12時にしてくれ安心をする。12時半に介護タクシーの迎えで別荘へと向かう。

24号線を通らずにオカンは宇治川ぞえから、山の中の路を利用して行くので秋らしい景色が見れ、耕祐も起きて景色を見ており、病院の中に入ると笑顔になり喜んでいる

旅行に行って排便はなかったが昼にあった事・体調に異常無しと報告をしても13時半には引き継ぎが終わったので、耕祐に「帰るよ」と云っても無視され早いめに帰ってきた。

火曜日がシーツ交換日だが、別荘に行く前に洗濯をしたので干したりと何時もは出来ない場所を掃除をしながら、今頃はソリタ注入だろうなぁと思い起きているかしら。

耕祐は旅行の事を聞いて欲しいようだが、何時ものDrも指導員さんも居ないので少しガッカリ気味であったように感じた。


オカンは何時もの時間に眠ったが、今朝の4時には起きれなかった眠いだけでなく、身体がしんどく6時に起きたがふらついていて、薬の量は同じなのにと不思議で介護せずでいいからと気の緩みだろうか。

それとも風邪が完全に治っていないのだろうか?咳込みは無いが痰が多いけど自然完治するような気もあり、病院には行かなかったが8時半に行くとDrから「何で薬が無くなって来なかったんやぁ」と叱られ、5日間の薬を貰い治らなかったらレントゲンを撮ると云われたので、治さなければ耕祐に感染すると大変である。

昨日に9時に整体の予約を入れてしまったし、この間はオカンのミスで時間を間違えたので迷惑はかけられないので掛け持ちでは少し遅刻しそうなので電話連絡をしたが間に合って良かった。

「秋風が 僕に囁き 月の夜に 夢の世界に 一緒にとね」

「里村の 山が色づき 風邪に乗り 散りし落ち葉を かき集め人」

整体から帰宅後はのんびりと過ごす。
月曜日に耕祐が帰ってきて、今朝のような状況では介護が出来ないのでオカンの体調管理も必要と思いながら、やっぱり体力の減退が悲しいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。