スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老在整理で着物も処分!

「高い物 20年経ち 価値が無く 二束三文 想い出着物」

「想い出が 一つ一つと 手元去り 手を通さずは タンスの肥やし」

11月最後のデイに行かせ着物を処分するので業者に来て貰う。時を経てデザインが変わっているので安い値だが、思い切って引き取ってもらう。

色無地・大島・着物にあった帯・小物一式を長女にあげた。背丈がオカンよしかは高いが着物の場合は着れるのだが、最近は着る場があるが、着つけにお金がかかるのと後始末が大変である。オカンは帯をようせんから結局着る機会がなかった。

昨昨日に帰りのバスに若い男女達が着物姿で乗りこんで来たが、間違いと気付き降りたが伏見稲荷に行きたかったようであり、多分、修学旅行で京都に来たんだろうなぁと男の子の着物姿は可愛かったと云うよりも勇ましく、まるで江戸幕末時代にタイムスリップしたような気がした


昨夜に痰吸引を丹念にして腹臥位にすると、直ぐに17時20分には眠った。今朝は3時前には起きていたが4時迄待って貰い、大人しいが仰臥位にすると喘鳴で苦しそうである。
朝夕と仰臥位の時は介護に神経を使い、どうしてあげる事がいいのかと悩みながら様子を見るしかない。ゼロゼロといっていたが、急に静かになったので見ると、5時だから寝ようと思ったのか寝ている。寝たらさっきの苦しそうなゼロゼロは聞こえないが、20~30分間隔で吸引をしてあげなければならない。

発作は最近、1週間に1度しか起こらないが、オカンが気付いていないだけなのかも知れないが、落ち着いているのでホッとする。

今日は延長デイなのでオカンはゆっくりと出来るので何となく嬉しい。耕祐は入浴と仲間達と活動で、スタッフに声を掛けられて笑顔が多いと、連絡ノートに書かれている。

体調を崩している仲間も多いと聞くし、関東ではインフルエンザが流行っているので気を付けなければならないなぁと思いながら介護をする。

今週は就寝支援に毎日来てくれているので、オカンは助かり今日は穴っぴーに任せてオカンは19時に眠る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

着なくなった着物を有効利用できる場所を紹介します

初めまして。着なくなった着物や和服などをそのままにしておいたり、捨てて処分するなんてもったいないと思う気持は、当然のことと思います(^_^)/ なので、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。
大阪府にある、『豊能障害者労働センター』では、4つのリサイクルショップを運営していて、バザー品はそこで売られています。着物などの和服は、着られないほどに古くても傷みがあっても、そして端切れのみでも、とても歓迎されます。売り上げ金は、主に障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、ここの労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPは、http://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)
プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。