スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷の家のクリスマス会&家族会!

「特養の クリスマス会 キャンセルし 回転すしで 食べては笑顔」

「生きるのを 諦めずにて 前向きて 楽しく歩む 長生きのこつ」

昨年は耕祐も一緒に、特養のクリスマス会に参加をしてランチを食べながら、ボランティアの手品を楽しんだが、毎年食べているシゲさんは美味しくないらしいので今回は欠食をして外食の予定をしていたが天気の関係で、途中でくいな橋の近くにあるスーパーまつもとで上等なお寿司・大トロをを買ってオカン一人で行く。

クリスマス会場に移動の為にスタッフが忙しそうにしていったが、オカンは11時半に2階のシゲの部屋に直行であったが、本人は気持ち良さそうに眠っている。起こして「お寿司買ってきたよ」とわざと値段を見せる嫌みなオカン。

シゲさんに係わるのは、オカンのボランティアの一環だと思っているが、耕祐を犠牲にしてまでする意味があるんだろうか?

3時の時点では雨は降っていないが、雨マークであるけれど何時頃から振るんだろう。耕祐は注入と同時に眠りだした。でも、体温は35,7度で少し寒かったのかもしれないと思い、オカンの勘がはずれたようであるが、テレビで天気予報を聞き被せ物の判断。

デイに行くのは10時前後だが、今日は9時に迎えをお願いをして協力をして頂きだったがバスとお迎えの時間が微妙であったが感謝。

シゲさんの部屋で色んな話をしながら食べる様子をみるが、右手が拘縮で上手く箸が持てないから手掴みで食べる。

車椅子移動もハンドリムを1回転させると、次に後ろに手を移動せずに回すので車椅子は動かない。フットレストも右足が拘縮の為に曲げる事も出来ずなので、手助けが必要な状態。認知度はまだ、軽症なので自分からオカンに電話を掛けてくれるのは良いが何を話しているのか聞き解釈をするのに大変である。

家族会に参加者は6名で、スタッフの方が多く自己紹介では面倒を見て貰っているので「感謝です」の一事だが、2度目に意見を云う時には感謝はしているが、心の本音が出る事は良いのだと思い、スッタフ・家族の前で泣いても良いとオカンはは思う。

今更、頑張ってリハビリをしても良くはならないが、予防は出来ると思い励ますが本人が遣る気がなければ悪くなる一方。

特養に入所してから、日用品の使用の事がオカンには判らないのでスタッフに聞き、15時に過ぎに終わって雨の中をバス停前まで急いだがバスの来る時間が読めないので、結局はタクシー帰って来た。

耕祐の介護の大変さは判っているシゲさんは必ず「ごめんなぁ」「有難うなぁ」「すまんの」と云ってくれるから癒されるから出来る事だと思い、もう直ぐしたらオカンの番だなぁとオカンが靴下を履くときのしぐさをすると笑うシゲさん。介護課長に年末・元旦に飲ませて下さいと5%のお酒を預けて来る。

家に着くと慌ただしく耕祐を迎える準備をして、暖かくなった我が家に18時に元気に帰ってきたのが嬉しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。