スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大震災20年目!

「復興は 20年経ち 景観は 美なれど心 荒み哀しき」

「震災で 伴侶亡くし 被災地で 追憶の灯が 辛い過去なり」

オカンの知り合いの方の、お子さんも30歳になったが阪神大震災の時は10歳でマンションは半壊だったらしが、オカンは大津市に居たが、長く揺れ恐怖だった。

被災地に居ればオカンの恐怖よりも倍以上だっただろう。子を守る為にどのようにしたのか考えるが想像もつかないが、現在は家族元気に過ごされていても、一生忘れる事は出来ない恐怖と色んな不自由があったに違いない。


あいりんショートに居る時の21時5分に、京都市は震度2で揺れは短い時間だったが、電気器具が落ちてきたらと支援の方が、耕祐にあたらないようにと覆いかぶさったと聞き感謝の一言である
 
その頃は成人式は15日だったと記憶しており、耕祐は無事に成人式を迎え喜びはあったが、心の中でオカンは無残な事を耕祐に【耕祐の命と替えて!】と涙を流しながら頼んだ。こんなオカンの気持ちが通じたのか、僕の命は僕の物と云わんばかりに何度の危篤をを乗り越えてきて頑張って青春謳歌している強い耕祐。

震災後の3月の予定日だった孫は仮死産で亡くなり、嫌でも歳を数えてしまう。


今日は整体予約日なのでタクシーで行く。自転車でもアップダウンがキツイ道路なので車椅子では無理と判っているから。
右下半身が捻挫の左をかばうので、右下半身・腰に異変が起きているから、これ以上痛みがひどくさせない為には整体は必要と感じる。シーネとスリッパの長さが合わないのを無理して歩いているのが原因である。

早く直して耕祐と一緒に過ごす為には、オカンは頑張らなあかんと思い必死である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。