スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出となり楽しかった!

昨日の楽しい写真である。
石山寺であるが中には入れないので入り口で、耕祐と一緒に映りがりの穴ちゃん。この前は瀬田川で石山港がありカラフルな船が泊まっていた。
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・007_convert_20150321072402
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・010_convert_20150321074800 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・011_convert_20150321075053
石山寺をあとにして南郷の橋を渡り、夕照の路に瀬田城跡があった場は「りんこ庵」と云う料亭だったが今はマンションとなっているが、石垣は新たに作り一風に感じるがこんなマンションはないだろうなぁ。走りながら車中から、唐橋だが信号待ちで写したので見ずらいが、黄色の欄干である。
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・013_convert_20150321075609
極楽湯でオカンだけが風呂に入り、耕祐は腹臥位になり昼の注入である。レンタカーに乗り、近江八幡と向かうが道が少し渋滞気味。
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・014_convert_20150321081312 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・016_convert_20150321081749
予約時間に「だもん亭」に無事につき、畳の上を車椅子で申し訳なく思いながら、腹臥位で休憩の時に2度発作が起きた。
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・019_convert_20150321082322 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・024_convert_20150321082733
この窯でピザを3種類も焼いてくれたダモンテイマスターで5月2日で5周年。
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・031_convert_20150321083331 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・033_convert_20150321084041
食事が終り記念写真だが、二人の誕生日と知ってピアノで祝って頂き有難うございます
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・040_convert_20150321084450
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・041_convert_20150321085705 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・042_convert_20150321090000
大津ICにどうしても寄りたかったオカンで、訳は今度ゆっくりと書きたいと思う。3階の展望台から琵琶湖を写し、りゅうさんに抱かれて嬉しそうな耕祐である。家路に向かう時に夕陽が沈むのが綺麗。
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・046_convert_20150321090349 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・050_convert_20150321090604
譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・052_convert_20150321090834 譌・蟶ー繧頑羅陦鯉シ・シ薙・・抵シ・053_convert_20150321091050

「爽やかな 琵琶湖の風 あたりにて 春を感じし ミシガン見るる」

「老舗宿 バリー改装 助かるは 車椅子者 快適な旅」

【残酷なオカン】
何時も18時前後は寒暖差で、発汗をするのを知りながら車中で喘鳴がひどくなっていたが、時間が経てば治まるだろうと思っていたのが甘かった喘鳴はひどく、プレスは100台でSPo2も定まらないので酸素量を1,25にして、様子を見るが一向に治まる事無く呼吸は荒いのを知りながら、又、体温は36,4度でも異常である。

だがオカンは苦しむ耕祐を見ているだけであるのには、オカンなりの覚悟を試した。我が子が苦しんでいる姿に何処まで耐えれるか?時は23時になっており、オカンは心苦しいがただ見ていた。気管切開も胃ろうもしないと決めているからである。

5時間半も苦しんでいるのに、鬼のようなオカンの決断は変わらなく運に任せ、もしもの場合も頭を過ぎるがじっと見ていた。

2時には体温38,4度となり、座薬挿入して頭・両脇・股を冷やし、ソリタを350cc注入しオカンは冷静で、耕祐の生きる力を信じてオカンは病院に連れて行く気持ちはなく、ただただ様子を見る。4時には薬が効いたのか熱は下がり始めているが予断は出来ない。
6時には体温36,4度で、ラコール注入開始で300ccだけにし、7時にSPo2が94でプレス100だったが、9時に再び37度で頭だけ冷やす。

夜中に何度も、耕祐が楽な姿勢になるようにと体位変換はしており、リスクはあるが腹臥位でも痰吸引はしている。11時に仰臥位にしたのは排尿の確認であり、今日は排便でもあるのと吸入・口腔ケアをしなければと思い、体温36,6度座薬挿入から9時間が経っているので、このまま発熱しないようにと願う。頑張ってくれ平熱のままで17時まで眠っていたが、何時もの表情の顔である。

18時に穴ちゃんが心配して来てくれた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。