スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向島にっこりフェステイバル!

最近、地震・噴火と天災が多い中で、心配していたが雨マークは無く、曇りのち晴れの天気予報で【向島にっこりフェスティバル】が行なわれた。

こどもと高齢者の交流
障がいのある人との交流
地域の人との交流
文化の違う人との交流
東日本大震災被災者とつながり続ける
あなたとわたしのの交流


をスローガンを掲げて、模擬店(たこやき・おでん・やきそば)などと同じく「耕ちゃんの店」もチヂミの出店である。やっぱり、耕ちゃんの店は今年で限界だと思うのは寂しいがしゃないなぁと思い、若者のスタッフが跡を継いでくれたら良いなぁ生地は杉ちゃんに任せ、焼くのもある程度してもらい、11月の「秋の祭典」では全てをしきって貰ういたい

結局、オカンは耕祐の顔を見たのはデイに行く時だけで、何時に帰って来たのかも判らずで爆睡状態

耕祐は20時から始まる雨の中で「ホタル観賞」を体験をした。
繝帙ち繝ォ隕ウ雉橸シ・005_convert_20150531051423
沢山の方が楽しみに見学に来ている。右の写真で白く映っているのがホタルの光である。
繝帙ち繝ォ隕ウ雉橸シ・007_convert_20150531051835 繝帙ち繝ォ隕ウ雉橸シ・008_convert_20150531052116

「雨の中 ホタル観賞 輝きて 何処に導く 追いかける路」

「封印したが 扉開け 悲しい過去が 甦りし ひとり泣きし」

20時間ぶりに見る耕祐の顔で、バイタル異状無く顔の表情もいいので、「耕ちゃんの店」の社長の大役を果たしてくれると信じて、オカンは朝からチヂミを40枚焼いて持って行く。オカンは厳しいから「1枚焼くのに1分遅れたら150分遅れるやでぇ!」と云う。

3時間が勝負とオカンは思っているからで、最初からプレッシャを与えると可哀想なので時間の余裕を持たせてあげたい。

9時半にお迎えで、耕祐と二人三脚で頑張りスタッフを3人応援につけて貰う。オカンの相棒だったGさんは空から応援をしてくれるだろうと信じている。

「貴ちゃん、頑張ってね!杉ちゃんも頑張りやぁ」と云ってくれているように思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。