スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンモスペアレント!

「こころ中 マンモスが住み 性格の 葛藤が続き 穏やかな顔」

「空燃ゆき 明るくなりし 気持ち良く 介護の朝に 一人微笑む」

オカンもマンモスペアレントの素質があり、耕祐を引き取って2ヵ月後に病院に連れて行った時に、2時間も待たされた「うちの子を殺すんか」と周りには患者多勢だったが、大声で云ってしまった事を思い出す。予約制だとオカンは知らなかった

以前の車椅子はリクライニングだったが、退所前に座位の車椅子に変更していたので、耕祐が辛いと思っての発言だったが、電話で主治医と直接話して行けば予約制になって、その時間に行けばすむ事だったが、昼一番に行けば直ぐに診察をして貰えると勝手なオカンの判断をしたのが間違いであった。でも、電話応対の時に受付の方は教えてくれなかった。

ショート利用も5・6月と利用をしていないので、F指導員さんから利用して欲しいと哀願されるが、オカンは何時も煩く云うので看護師・介護福祉士・その他のスタッフが辞められるのが嫌だから利用しない。

F指導員は最初からの付き合いで「此処を第二の故郷で別荘やと云ってくれた事が嬉しかった」と、そしてオカンの身体の事を本心で心配してくれている気持ちが、判るので断るのが辛かったが、ショートに預ければオカンの身体は楽だけど、耕祐の事を思えば精神的に辛い。


今朝は扇風機を点けてたいたが、エアロスリーブの電源が切れていたので、胸が汗ばんでおり体温36,5度で暑かったんだろうなぁ。

一瞬だけ目を開けて再び眠りだし、顔の表情も変わり無しなので10時の迎えでデイに行かせて、オカンはのんびりと過ごさせて貰う。

今夜の就寝支援は引き継ぎの為に2人で来てくれるが、オカンは「先に寝かせて貰います」と云って、本当に19時頃には寝てしまうだろう。オカンが起きていたら口出しをするからで、横になりながら引き継ぎの内容を聞き、知らぬ間に子守唄を聞くように・・・!

任せた以上は、何かが起こってもオカンは一切責めない。その時は宿命だと思っているからである。夜中に2度「生きているか」と薬が効いている身体で背中に手を当て、頭を触り起きているか覗きこむと、起きている時もあれば寝ている時もあり、2時には起きていた。
生きていれば安心して、疲れていれば再び眠れるオカン。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。