スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴!

「欲いわず ありのままの 生活で 互い元気で 過ごせれば良い」

「ベット上 1日中も 文句なく テレビ楽しみ 生き続けなり」

昨夜は互いに21時までは起きていたが、オカンの方が先に眠ってしまった。その後、直ぐに寝たんだろうか判らずであり、深夜に様子を見に行ったのかもさえ覚えていない。

5時に眠っていたが起こして、朝のケアをするけれど相変わらず鼻をいじられると「ガォー」と文句を云うが、注入すれば30分も経たずに眠ってしまう。

真夏日の予報だが、朝は肌寒く最低気温17度で、最高気温31度と朝夕の差があり過ぎで、こんな日は調整が難しいと朝から首をかしげる。

日々の容態も違い、今までは朝に発作でチァノーゼが出ていたが、最近は18時前後にチァノーゼはなく顔の表情は同じだが20秒位だが起こる。発作はオカンが気付いていない場合もあるのは、あまり神経質にならずなのが原因。でも、声を発せれば確認はしているけれど発作では無い。

今、オカンが一番悩んでいるのは、EDチューブの事である。胃ろうはしないと決めているが、このままEDチューブの位置が少しづつ抜けていたりで、問題が起きれば鼻腔からの経管栄養剤を与えるのは困難になるだろう。医療も進んでいるので胃ろう手術も簡単なのかも知れないがオカンは迷う。

笑顔もあり怒りもと表情豊かな耕祐を見殺しにするのか?年齢も40歳で手術に持ちこたえる体力があるんだろうか?親亡き後はどうなるんだろうか?とネガティブな事をつい考える。

確かにマンツーマンで接して貰っているが、スタッフが変わる度に対応が違うのは仕方が無いと思う。でも、リーダーならば一人一人の特徴・容態を最低限度を知り、任せたスタッフがキチンと出来ているかの確認をして欲しいと願うのはモンスタぺレントだろうか?

そこまで云うならば、家でオカンが見れば良い事なのかも知れないと思い悩む。胃ろうをするのが嫌ならば真剣に考えなければと思うのは変だろうか。

マンツーマンと云っても、一人のスタッフが毎回付き添っている訳では無く、1人で何人の利用者を介護していおり利用者も5人居れば5人共接し方が違うのは当たり前である。

そう考えると本当に大変な仕事である事は理解出来るが、子可愛さに愚痴が出るのも親の愛であると思う。

一番に耕祐が望んでいる事を優先にと考えるが、共に生き、共に死する事をオカンは望む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。