スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しいお別れ!

昨夜は18時半に介護が順調に終わる予定で、18時10分に長女から電話で「今、時間大丈夫?」10分後に掛け直すわと云い、耕祐に薬を飲ませて体位変換をしてから電話を掛けると「お母ちゃん(姑)が亡くなってん!一応知らせておくね」だった。

昼間は一人なので誰も居ない少しの間の10月10日に亡くなったが、検視の為に遺体は昨夜に帰ってきて、家族葬でお通夜が22時・告別式と同時に行なわれた。オカンの事を娘のように可愛がってくれていたので行かなアカンと思いながら動揺で、耕祐を置いて行っても大丈夫と思うものの、もしもの時に大変なので携帯を持ちながら、頭が混乱して誰に電話をしょうかと迷い、穴ちゃんに耕祐の身守りをお願いした。

穴ちゃんは絶対にアカンとは云わずに来てくれるので、ボロンチョンに何時もいじめるオカンやけど結局は一番甘えやすく感謝である。

「別れ際 母娘の縁を 取り持って 安らかな顔 逝きし感謝」

「紐が切れ 不吉な予感 あたりにて 身近な人の 哀しい別れ」 

こんな時は眠剤は飲まないので2時まで眠れずで2時間で起きて介護をする。耕祐は「何かあったん?」とキョトンとオカンの顔を見るが、注入をすると直ぐに寝入る。

バイタル正常で安心してデイに行かせると思い、それまでにオカンも寝る事にする。

(耕祐の8年目を迎えた日にコメントに今日気付いた・有難うね)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。