スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔いし病院へ!

昨日の朝は最悪だったなぁ!オカンは心身ともに疲れ切り、病院の行く日も惚けて判らなくなっていた。9時過ぎに電話で「診察券を入れました」の連絡だった。カレンダーには丸記しがつけているが何の為に?とず~と気付かなかった疲れきっており、ぐっすりと眠りたい為にビールを飲んでしまっていた。グッスリと寝て酔いを醒まして行くつもりだったが、寝むった時間が悪くデイの迎えのたっちゃんに肩を揺さぶられて起こされた。

洛南病院に行く前にオカンが呼んだタクシーが無い!違う客を乗せて何処かに行ってしまったようで、他の会社のタクシーが止まっているので、仕方がないのでそれに乗って行く。

珍しくらいに病院はガラガラであり直ぐに呼ばれ、Drに酔っている原因を話しながら気分が落ち着く。オカンは、もしも耕祐が先に逝った時に半狂乱になるんだろうか?涙を流しながらも冷たいほど毅然に振舞うか?と馬鹿な事を考えるオカンである。

「栗ご飯 秋の味覚で 花ならば ガーデニングで 菊の栽培」

「渓谷の 紅葉やカエデ 色染めし 香りただよき 自然とアート」

朝からパソコンの調子が悪くスンナリという事を聞かないのでイラつき、こんな時って1本吸いたいって思うけど、丸1日我慢したんだから頑張らなアカン。

耕祐は咽喉に痰が溜まっているようで苦しそうなので、吸引をするが上手く引けない。痰を飲み込む事も出来ずで中途半端な位置に溜まっているんだろうなと思いながら、4時から1時間で5回目に本人は楽になったようで眠り出した。

オカンは暑い方がましだったと感じながら、朝の寒さに耐えながらであり、日ごとに夜明け前の寒さが厳しくなっていくのが辛いなと、ひとり心の中で呟いており、この季節の変わり目が命の分岐点であると思うと、秋ってもの哀しい季節だと毎年感じる季節、そんな体温調整の難しい中を懸命に生きようとする耕祐。でも哀しいが何時かはお迎えがくるよねオカンが先か君が先かは判らないけれどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。