スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰って来れるか?

(16日・月曜日)朝のラコール注入をすると咳込みながらも睡眠不足の為に5時半には眠ってくれて安堵する。満タンになった吸引ボトルを洗い、耕祐は寝ているが吸引してやっと痰が少量だが引けたのが6時であったが、こんな量ではおつかなく度々吸引である。オカンが一番に怯えるのは窒息である

寝ていても30分事に吸引はするし、耕祐が咳込むと吸引をしに走る状態だったが、10時に体位変換の準備でオムツの確認で排便である。タイミングが良かったと思っていると、大きな咳込みをされどっちを優先かと迷う状況になったが、オムツを当てる途中なので吸引をすると、大袈裟では無く、直経1,5cmの固まりの痰を咽喉の奥から咳込みで出してくれた

10時にはかなり楽になったようだし腹臥位で、昼の注入なので前吸引をすると痰ばかりで0,5mmの固まりが7個もあった。時々咳込みをしながら眠りだして穏やかになったように思えたが、14時の仰臥位になると朝よしかはましだが喘鳴は治まらない。17時には再びひどくなり、オカンは急に訪看のAさんに電話で耕祐の容態を伝えたら直ぐに今夜の当直の方と来てくれた。オカンも聴診器で両肺の音を聞いてみたが正常ではない。訪看さんに電話した直後にオカンはもう判断をしており、お風呂は駄目だろうと思いデイを休めせると連絡である。

今夜、熱が出たら救急車で病院に行くように云われた。オカンも2日間ひょっとしたら発熱ありかもと思っていたが大丈夫だったが寝ずの看病だったけど腹臥位なので、耕祐にとっては楽な姿勢なので咳込みはなくなった。

昨日は書ける状態ではなかったが、介護・耕祐の容態を観察するのには詳しく書いておかなければならないと思い、何度もパソコンの前からベットまで往復したかなぁ

オカン自身の激痛で動けないとなんか云っていられないので必死である。毎年、誕生日まで・にっこりまで・この家に帰って来た時まで・秋の祭典まで・クリスマスまで・お正月を迎えるまでと、二人三脚で頑張ってきたもんね。今負ける訳にはいかないから頑張ろうなぁ。

「山一つ 超えて眠りつ 咳込みは 治まりてだが 気を許せぬき」

「君強し 病に負けぬ 生命(いのち)なり 元気になれば 紅葉観賞」 

4時に咳込みが多くなったので体位変換をしたら、10分に1度の咳込みで痰を出そうとしているのでと云うよりも出してくれているので吸引をする度に痰が引けている。バイタル正常であるが病院には連れて行かなアカン状態だが、帰らせて貰えるか?入院になるか?である。

5時半からは連続の咳込みで、苦しいだろうが5時50分に眠りだした両肺の音はかなりキツイから、オカンが望み空き部屋があれば一般病棟に入院になる確率が高いと思う。少し落ち着いたので、オカンも30分しかないが横になる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。