スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェィスブックの友の励まし!

久しぶりに次女に電話をかけたが、何か用事をしていたようで取ってくれないので留守電に「別に大した用事じゃないよ」と云って切る。暫くすると近況の知らせで、ベストを棒針で編みたいから教えてくれるという内容だった。何度もメール交換をしているうちに、耕祐の容態を知らせる。メールで写真を添付したので、びっくりしたかも知れないと思う。

耕祐と2歳違いだが、耕祐の面倒と仕事に追われて次女の面倒は見ていないので、オカンに対しての不満はかなりあり母娘関係は良くはなかったが、大人になって30代後半からオカンの人生の大変さが理解出来たようである

昨夜はかなり遅くに寝たのに5時の目覚ましで起きてしもた。別に何もすることがないので、フェィスブックに投稿したのを読んでいた。皆さんからの励ましで頑張らなアカンと思うし、耕祐も応えようと頑張ってくれると願う。

オカンは胃カメラの検査日なので1番にして貰えるように、タクシーを7時半に呼んで病院に行き病院で待つ事にする。S相談員・穴ぴー5日振りに耕祐の容態を見る事になる。醍醐から城陽まで送ってくれるようであるが時間を合わせるのが難しいが有難いと感謝である。

病室に着いたのは11時45分で、耕祐を見るのが怖かったがキチンと目を開けているので驚きと嬉しさでオカンは、この子の生きようとするエネルーギに圧倒された。ちゃんと声をする方に目を動かしており、カメラを持っていない時に元気のない笑顔だったが本当に涙が出そう。

「儚いと 思えば涙 滴りて 命の重さ 君に託しき」

「綺麗なる 花に誘われ スタッフ達 逢いたき戻る 命のかけら」 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。