スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿ブロック研修会の資料!

「意識なく 眠り続けし 五日間 夢みてたかの 目覚め嬉しき」    

「里山で 空を彷徨い 鳥達と おしゃべりをして 宿題遣りに」

今日で6日目とは思えないほど、あっと過ぎ去った日々であるが、昨日はさすがに疲れてテレビを点けたままで時間も覚えていない状態で寝てしまった。目が覚めたのは0時であり、何もする事がないしテレビもツマラナイので一応寝る事にするが眠剤は飲まずである。

やっぱり4時には起きてしまったが、新聞は投函されているので天気予報をまず見る。天気が良いので今日に耕祐に逢いに行こうかと迷う。まだ、夜が明けていない時に迷うなんって可笑しなオカンである。

本当なら今の時間に介護をしているのに、介護をする耕祐は居なく寝ているんだろうか?とか色んな事を考えながら書いているけど、オカン一人の生活では何も書く事もない。 


11月7日(土)【近畿ブロック研修会】が京都で行なわれたのに、何故に参加しなかったんだろうと思いだす。土曜日で京都なら行く気があれば行けたのにと、後の祭りだが後悔をする。昨日に資料を頂いたので読んでみると、懐かしい方のお名前が沢山載っていた。Sさんのように午後からだけでも参加すれば、お逢い出来たのにと参加名簿をみて思う。でも、その日はオカンの体調が悪かったのを思いだす

お子さんを亡くして(10年)でも守る会に尽力されている方。ううん、思いだせば大阪支部で頑張って活動しているNさん。そして、耕祐と隣り同士のベットで何十年一緒だったIさん元気にしてるんだと嬉しく思う。何時もお母さんが本を読んであげていたのをオカンは見ていた。

メインテーマ・平田義氏「重症児(者)がゆたかに生きるために」何時もお世話になっており、デイに行くと表情豊かになる息子である。重度心身障害児・者にとっては、関東では小林桂樹先生で、関西では「障がい者の父」糸賀一雄先生で「この子らを世の光に!」と福祉に生涯を捧げたと云っても過言でないとオカンは思っている。現在は「この子ら世の光!」「この子ら世の光!」と云われるのは、例え障がいがあっても、その子が持っている才能を見いだしてあげると光を放すとオカンは思っている。  

サブテーマ・小林千草氏
「親なき後を見据えて」はオカンが一番に興味ある内容で施設入所でも親としては不安があるのに、在宅なら尚更の不安であり、事例2がそうである。子の為に自宅をグループホームにと考えておられる。オカンとこは持ち家でないので大それた事は述べれないが、安心して親が逝けるようにして欲しいと願う。

結局は何時ものの朝の生活パターンである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。