スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逞しい息子!

「眠りから 覚めし息子に 歓喜しす 重心の母 笑顔も見たし」

「安堵にて 風に出会いし 晩秋の 困難満ちた 人生話す」

朝早くに行ったがDrとは、すれ違い話す事は出来なかった。病室に入るとピンクのカーテンで姿見えぬ息子の容態に、胸に針が突き刺さった感じで静かにカーテンを開くと背中だけが見えて眠っている様子である

顔が見える位置に移り頭を触るが熱はなさそうであり、小さな声で「耕ちゃん!」と読んでみたら瞼が上下に微かに動きだしてから、ゆっくりと値打ちをつけるように目が開いた時の嬉しさで、親馬鹿丸出しのオカンはカメラ・スマホで写す。

気管挿入人工呼吸が無ければ何時もの耕祐の顔の表情である。テレビを点けてあげていたので、誰か来たんかなぁと目を開けると周りをキョロキョロとさせるが再び眠る。午前中に清拭をしてもらいガウンを着替えるが、このガウンの素材は厚めだけど、今日の冷え込みには丁度だった思う。
・托シ第怦・抵シ疲律繝サ蜈・髯「・鷹€ア髢・002_convert_20151125052723
3人掛かりで体位変換をして貰った時に何となく臭っていたが出ていなかっだのに、暫くするとオナラでブリブリと聞こえ水様便なので看護師さんに知らせに行き、オムツ交換の為に再び体位変換をして腹臥位である。こんな時、オカンが気付かなければ次のオムツ交換時間がくるまではほったらかしだろうなぁと思った。耕祐を写す場合は少し斜め角度だと顔が正面。
・托シ第怦・抵シ疲律繝サ蜈・髯「・鷹€ア髢・003_convert_20151125053108
最終の送迎バスに間に合うようにオカンは帰らせてもらったが、地震もありオカンの体重でも風に吹き飛ばされるほど強風にあおられながら家に着いた。

一つの難関を切りぬけた耕祐の生命力の強さにオカンは圧倒されたが、Drに最善を尽くして頂き判断の良さだろうなぁと、こんな場面は施設で何度もあったが、時代が違い最新医療器のお陰かもとも思う。

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。