スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行きは乗り継ぎが大変!

昨日の朝は富野荘駅の送迎バスに間に合うように、時間を逆算してに行ったが下手すればギリギリ過ぎてのこされて行かれているかもしれない状況だったがのは、向島駅行きのバスが3分遅れて来たからであり、送迎バスはもう着て待っていたので大丈夫だと思う。

8時40分に病室に入ると、うつ伏せになっていたので顔を見ると瞼が腫れているように感じるのは、酸素マスクが原因だろうと思いながら、入院して2週間ホンマにしんどく苦しかっただろうと考えると不憫である。名前を呼んでも起きずに眠っている

耕祐の担当の看護師さんが病室に来られたので、現在の耕祐の治療法を尋ねてみる。今日から1日中と感じるほどゆっくりで、ラコール200cc×2本・エネバー250cc×2本と白湯で、点滴は減ってきているようとの事であった。

注入の時は酸素マスクを外してカニューラーで、流量1ℓでspo2の数値は99と良く、心拍も50~60と本人も楽そうである。酸素マスクを外しているので、伸び切った髭を剃ってあげるが長過ぎて綺麗に剃れないが、オカンは根気よく長く残った髭はベビー用のハサミで1本づつ切っていき、そんな時に目を開いてオカンを見ている耕祐で、ムニャムニャと声を始めてだし聞いた時は嬉しかった

病室にいたのはたったの2時間であるが、オカン自身がしんどいので帰る事にする。駅の階段の昇り降り・歩行がかなり負担のようである。

耕祐の退院は今週は無理で、来週の中頃かなと一人でカレンダーを見ながら勝手に考えている。今日はオカンの病院日でなので、耕祐には逢えに行けないが、着替えもタオルもパットも充分にあるので大丈夫。

昨日、病院から12時に帰宅で食事をしながらテレビを見ていたが、15時に横になると眠ったが2時間近くグッスリで目が覚めたが起きれない。又しても幽体離脱を感じて身体が気だるくしんどい。結局は寝ているのか起きているのか判らずのまま20時まで横になっていた。

最近、幽体離脱がよくおこり土曜日は、眠剤も飲まずに3時まで寝ているが完全には寝れていないが、病院に行かなくていいのでオカンの気ままな生活リズムで過ごせたけれど、M・Drは心のストレスで離脱体験が起こると云われたが、身体から抜け出す時間が長くてホンマに気だるく自分でない気がする。そんな状態の時は大袈裟に云えば生きているのか判らない。

「うつ伏せで 酸素マスクし 目が腫れて 痛々しくて 可哀想なり」

「質素な花 白い小菊に 一本の 黄色が目立ち 束なら優雅」

やっぱり居なくても起きるのは3時前後で、精神状態が良くないので「何で一人なの?」と、時には理解できずでいるまだ、夜明け前の5時半である。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。