スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭日は成人の日!

2~3日前にお正月を迎えたと思ったら、もう11日で成人式の言葉を懐かしく思いだす。オカンの年代は在日には案内は無く、多分に民団・総連からの祝いだったんだろうな3人の子どものうちで、華やかに民族衣装で身を包み、民団の成人式に参加させたことを鮮明に覚えている。成人式に参加をした事で、長女と婿と知り合い結婚をすることになった。

耕祐は21年前が成人式で会場に出向くこともなく、亀岡市長の祝いの扇子が色汚れているが今でも飾っている。オカンは心の中で耕祐を殺し、残酷な願いをしたものだ次女には何もしてあげていない成人式で、3人3用で性格も親子の相性も合わずで、それぞれの人生を歩んできたように思う。

昨日の昼前後は悲惨なものであった仰臥位にしてたのは良かったが、軟便でパットを持っただけでタラタラと1滴ずつ、洋服に流れ落ち汚れたのを拭きとる慌てようで、慌てると慌てるだけで余計に汚れの場が増える。

時間を変更して13時に腹臥位で、15時に2回目なので仰臥位にするも同じ状況での後始末。なんとなく、便の臭いがスッパイ感じがするが、何ともないんだろうか?

結構、日中は温かく感じてストーブは消し19時頃に点けるので、耕祐の緊張はあまり見ず、19時半には完全に眠っている最後の体位交換で耕祐のケアを終えて、器具の洗浄でオカンも眠る。

「夕焼けの 燃えしき赤 頑張れと 勇気貰いき 扉を開く」

「初夢は ボランティアの 遣る事の 計画たてし 二人三脚で」

5時になれば時間きっちりに介護の開始で、耕祐は起きているが夜中に起きているのかもで、6時前には毎朝同じ生活リズムである。今日は気持ち的に楽な日であり、祭日は就寝支援はないのだが、オカンの身体を心配してくれ来てくれるきっと耕祐も「おまとうさん」の言葉に喜ぶだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。