スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナス4度の対応!

「知らぬ間に 重ねる歳が 幸せで ハンデイあれど 人生リズム」

「いく度も 余命宣告 云われしも 僕は負けない 心に花が」

温かい地方の沖縄・奄美大島・九州に雪が降り異状気象で、京都でも渡月橋・銀閣寺が雪景色で池には氷が張りついていたらしい。冬景色で神秘的であったと云えるのは、災害が起こらなかったから呑気に見惚れたのだと思う。

オカンが子どもの頃は、大阪市だったので雪は降りはしないが、水溜りがあれば必ず表面は凍っており、その氷を割って遊ぶのが楽しかった。鼻水が出れば服の袖で拭くのも昭和の時代であり、鼻紙なんって持っている子なんていやしなかったんじゃないかなと60年前を思う。

相変わらず、室温計を眺めては温度設定・被せ物に神経を使う。そんなオカンの様子をみては笑う耕祐10時半には起きていたのでテレビを点けてあげるが、テレビは見れずに音を聞くだけである。

朝は痰で、夕方になると唾液が多くヨダレのように口から流れでる。痰の色も臭いも今のところ変わりはないので安心で、痰吸引をするのが減ったように思う。

今朝はマイナス4度で、現在4時であるが冷え込むのが早く感じるが、5時まで待たなアカンのが辛い。イッポさんが耕祐の耳が冷たくなるので、耳に毛布を被せてくれているのが有難い僕起きているで~とアピールし始める。

寒くて時計の針を1時間早くに回したい心境である。身体を暖める為にインスタントラーメンを食べながら待つが、食べている時だけであり、ストーブの前で新聞も読んだし、注入・デイの準備もOKであるので、ただただひたすらに待つが昨日よりも、気温が1度低いだけでこんなに冷え込むんだなぁ

4時45分に見に行くと起きているが、目は閉じており「僕寒いからこのままの方がいいやぁ」と訴えているように感じるが、やっと5時になり介護の開始である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。