スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東九条!

    「時の人


京都で南区東九条と云えば在日の方が多く、少し前までは、河ぞえに家が立ち並んでおり、番地が無く、

0番地と呼ばれていた、現在は綺麗な遊歩道になっており、そこで暮らして居た、在日の方達は新しく

建った市営住宅に、入居されてから、もう何年経っただろうか


「時の人」吉田潤喜さんは海外で{ヨシダソース}で成功を成し遂げた人であるが、

南区東九条生まれとまで、云うなら、何故「堂々と在日韓国人」と云わないんだろうとオカンは思った。

オカンは直接の知り合いでは無いが、同い年の方に聞いていたので、新聞を見ただけで判った。


ただ、新聞で書かれている言葉が印象に残った。


不幸起きれば別の扉が開く  

   見えは一番の敵



   オカンは幸せな時が一番怖い

1度、その経験をしたからであり、絶頂感で喜び溢れていた時だったなぁ。

幸せ感から一気にどん底に振り落とされた

何で自分の力でやり遂げたのにと、神も仏もない酷さを味わったが、オカンよりも本人が一番辛い

のは、判っているが立ち直るまでに時間は掛かったが、その辛い路に何時までもしがみ付いても、何も解決は

無いと悟り、反対の路を選んで、今の幸せだが浮かれていると、又、どん底が待っている。


「人生は 浮き沈みなり 乗り越えて 人の為にて 真の幸あり」

「浮かれしの 経験せずと 被災地に 尽くす奉仕に 意味が有りるる」


オカンは息子から、色んなことを教えて貰っている事を、今頃に気づく鈍くさいオカンやなぁ。


この子らが世の光を の意味が今頃判る。

オカンは頑張るぞ耕祐もガンバだよ


      (介護日誌)
10時過ぎにディのお迎えである。又しても忘れ物で、「シサムの○○」からの電話で判るが今日は忘れ物無しと送りだしたのに、やちゃた。耕祐、帰えってきたら「オカン、いい加減にしろよ」と不機嫌だろうなぁ。 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。