スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚しすぎる!

「虚しいは 拉致されしの娘 無事祈り 年老いた親 待ち焦がれるる」

「何がゆえ 引き裂かれしと 主信じて 待ち続けしは 逢える祈りし」


オカンは朝鮮に居るオモニから、写真や手紙が届く度に心が痛む

自分の祖国が何の為に、罪もない人達を拉致し、その方達の幸せを壊すのか判らなく虚しい過ぎ

恥ずかしいとオカンは思うが、オカンが大阪の小学校5年生の頃に「夢の楽園」を信じて多くの子供達が親の判断で

北朝鮮に帰国をしたが、この時に「密約」があったとオカンは思う。


何故に有村さんが、娘さんは手紙を必死の覚悟で書き信頼出来る人に手渡して、無事に手紙は親の手元に

届き、現社会党に申し入れをしたにも関らず、何の手立てもしなかったんだろうかと不思議に思う。


あの時に日本政府は直ぐに行動を起こさなかったんだろう。

その時から、何十年も経ち拉致の会の親御さんも高齢者になり、子を待ち侘びし、逢えるまではと

老体に鞭打ち頑張り、生きて逢う迄はと思っている筈である。


オカンのオモニも2年前は歳相応の顔だったが、

今回の写真は100歳位に見え、長くはないだろうなぁとオカンは呟く。

オモニはオカンに逢いたさで生きており、必ず逢えると信じているが逢う事は無い。


拉致されたご家族の事を思えば当然のことである


「海隔て 直ぐそこ居りし 逢えぬまま 主に祈りつ 悔しき想い」


       (介護日誌)  
祭日で、ディはお休み。12時・15時の体位交換は穴ちゃんが来てくれた。平穏な一日を過ごす。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。