スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遷延性意識障害講演会!

連ちゃん続きの日曜日の講演会に参加のオカンである

ショートでも無いのに参加出来るのは、

息子の医療的ケアを出来るようにと
オカンが望み、

信頼できる方を育てて、それに応えてくれる人材を見つけられた事である

だから、家も息子も安心して任せて、学びの場に行ける事が嬉しい。


実は、本音は行きずらかったのは京都の交通事故の件があったからである

遷延性意識障害の方は交通事故の後遺症で、寝たきりの植物状態のお子さんを介護されており、

誰もその事に触れられなかったのは、加害者も軽度だが同じ障害者なのでだろうか

支援の方に「心苦しくって、何だか行きたく無いなぁ」と愚痴を云いながら、9時に引き続きをしてオカンは

出掛けたが、参加して良かったと思う。

お顔知らずのMLでの方とお逢い出来たし、配偶者の方がある日突然に脳梗塞・脳出血を起こして

男性介護者の方も参加で涙流しながらの経緯を話されて、心の中の葛藤は、配偶者・我が子も同じだと

オカンが感じれた事は良き学びの場だったと思う。

施設では経験できなかったのが、在宅になり色んな方との交流出来ている事に感謝する。

辛い・苦しい・悔しい・哀しい思いは同じで、一人で無いんだと思える交流会だった。


第二部の介護者のこころを支える津止正敏先生の報告は明日に書く事にするのは、

息子の介護しながらでは、アホなオカンには伝えきれないからです。


「普通無き 我が子なれども 愛おしい 励まし元気 貰いて明日に」

「支援者 支えられして 学びの場 無駄せず伝え レベルあげプロ」


       (介護日誌)
帰宅後、息子の顔を見て嬉しく感じるのは、ただの親馬鹿かなぁ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。