スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「普通に生きる」上演!

     介護日誌

1時45分に起きて、何時ものように行う。昨日のカンファレンスで夜中の介護にオカンの身体の事を皆さんは

心配して下さるが自分の健康管理はできているし、全てに臨機応変に対応するので大丈夫とオカンは語る。

1回目のカンファレンスの時もオカンは、夜中はオカンが薬を飲んで寝るので介護放棄をすると云った時に

支援課の方は地域移行の時からの担当なので、無責任な発言を「何でもかんでも自分でしなあかんと思うと介護

疲れになるので良いですよ!」と云って下さり、今回も臨機応変という無責任な発言にも賛成して下さった。

私達親子は恵まれた環境だと感謝をする。耕祐の感情の豊かさで、遣らなければならない事はやっていると理解し

して下さっている事が嬉しい。今朝も注入中から良く眠っている。10時15分にデイのお迎えで、今日は1日

耕祐の面倒を見ていただけるので、オカンは映画をみる。オカンがはしゃぎ過ぎると又、耕祐に怒られる(発熱)

ので、今日は大人しくと思うがどうなるやらである。



【普通に生きるの上演である】

オカンは夜の部の18時30分開演からのを見る事にしている。

静岡県富士市ある生活介護事業所でら~との取り組みを

5年にわたって配録したドキュメンタリー映画である。

『どんなに想い障害を持っていても、地域の中で

    普通に生きてゆける社会をつくる』


親たちはこの理念を信じてまっすぐに進んだ

医療的ケアが必要な子ども達の行き場なき頃に、親達が頑張ってつくりあげたのが、

デイシサム
ではなかろうかとオカンは思う。


「普通に生きる」もう見られた方達の感想は、障害を持つ親視線から感動した・涙が溢れでたと、1度でなく

2度・3度と観た方もいるので、本日の【普通に生きる】上演はオカンは待ちに待ってなので楽しみである。


「慌て者 時間間違えて 2時間も 早く行き無駄 時は金なり」

「当たり前 ハンディありも 地域にて 普通に生きる 権利主張」

観た感想は明日に書く事にする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。