スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援者の判断!

9時40分にAさんが訪問で、何時もの順番で耕祐の容態を見てもらうとオカンは安心をする。10時10分に腹臥位姿勢で「今日は排便日?」と訪ねられる。「何時にでるか判らない?運呼日です」と答える。

11時半に昼の注入開始から、1時間後に臭うが注入中だし腹臥位なのでどうしょうもないと、毛布をめくり見るとオムツから水のように便が漏れている。この状態ではオカン一人で体位交換は出来ないので、ハサミでオムツの両方を切って、せめてお尻の方だけでも綺麗に拭き取るが、前シャツを上に上げるのを忘れたので便が付いてしまった除菌で拭き取る方法しか思いだせない。上着の着脱はEDチューブが抜けるのが怖いので除菌だけで我慢。

オカンが眠くて堪らないので、寝る前の注入の用意をして唾液が多いので吸引をし、髭を剃りながら「今日は誰だろう?」と云うと少し考えながら大笑いであり、「耕ちゃん!オカン先に寝るわな」と無責任であるが眠剤服用でベットに。寝る前にイッポさんが来てくれストーブを消していたので、そのままで毛布で良いやろうと思っていたが、イッポさんの判断で16度設定でストーブを点けてくれていた。24時前に起きてオカンも点けようと思っていたので良かった

「やわらかき 陽射し誘われし 迷い路 影を頼りに 辿りつき夢」

「寄り添いて 微笑み介護 喜びし 笑顔で応え 安堵で眠る」 

時計を見ると4時であるので起きて、まずは耕祐であり起きている。ケアの順番を間違えたので「おはよう!」を云うのを忘れていたが云うと笑顔であり毎朝、同じ6時前には眠る耕祐君である。今日は延長デイであるので、出掛ける雑用はあるが止めておく。あの時に宅急便で送っておけば良かったのにと反省である。果物で4日が過ぎってしまい、オカンは果物は食べなのだが食べるようにしているのは、折角、好意で下さったからです。

対応上手な息子!

お風呂から10時15分に帰宅で、何か面白い事があったのか大笑いをしているのが、夢の中なのか起きているのか判らない状態で、遠くから聞こえてきた。聞きながらオカンは深い眠りに吸い込まれていき、周りの音は何も聞こえなくなっている。

起きる時間をタイマー設定していたが、起きなければならないと思いながら身体中に重い鉛が覆いかぶさっており、自由に身体を動かせなく焦りもがく。13時半に起きれば良いのに、何で無理に起きようとするんだろう。

入浴後に腹臥位になったので時間が早いので、14時で4時間なので体位交換をする。ワールド君のオムツパットの当て方がアコーデオンのように伸び切っているからパットから尿が漏れている。どうして、難しく考えるんだろうか?3文の1を折って当てたら良いだけなのになぁ。確かに、男性の場合はパットの袋に当て方の説明が書かれているが、オカンはただれないようにと違う当て方をしているから、ややこしいのかもしれない。

寝かせる為の最後の体位変換で腹臥位にさせると、ズボンがキチンと腰まで上げれていなかったので気付いたのが、オムツの上の方が黄色く横一になっており、尿が漏れていたんだが乾いているし、体位交換は体力的にもう出来ないので我慢をして貰う。と云うよりも耕祐は眠っている。オカンも眠くて堪らない就寝支援の有難みが良く判る

「盆梅が いくら寒くも 健気咲き 目を楽しませ 息づく景色」 

「痛み慣れ 心でうめき 子供から 教わる生きる 喜びなりて」 

2時・3時20分と2度起きて耕祐の様子を見に行く。何時もなら3時20分なら起きてしまんだが、腰の痛みで立つことも歩行する事も座ることも辛いので横になる。痛みで耐えれなくても、耕祐が生きているかの確認だけはしときたい。

4時半には、やっとの思いで起きてきたが5時の目覚ましが鳴ってからで良いのに!と思いながら身体を慣らしておきたい。喘鳴が咽喉の奥でゴロゴロと鳴っているので痰吸引をすると、粘ばい痰が吸引される。耕祐は少し楽になったのか何時もの時間の5時50分に眠りだした

今日は訪看さんと「運呼日」でのんびりとはしておれないがバイタル正常。体温調整に要注意の良きお天気である

腰椎に耐えかねる朝!

インフルエンザ・子供の急な体調不良で、スタッフの休みが多いようだなんとなく送迎で判るが、活動ではペットボトルボーリングで300点を出して優勝だったらしい。節分なのでペットボトルが鬼で、豆をたボールにしたてたようだ。

洛南病院に行く途中で神社で行事をしているのを見て、もう一軒の神社は相撲に縁(ゆかり)があるようで6日(土曜日)に横綱の白鳳が来るらしい。白鳳だけではないだろうが、動くタクシーからは幟の旗に書かれた文字を全ては見れなかった。

世間ではインフルエンザが流行りだしているようで、3月の旅行の予定がたてられないのが寂しく思う。どうも、箕面方面の運が悪いのかしら2年前にも全て予約したのに、ノロウイルスでキャンセルする羽目になってしまって残念だった。

「水仙が 霜の降りたる 大地から かきわけるよう 顔を出すなり」

「立春に 背中にカイロ まだ寒き 朝迎えにて 介護始めし」

オカンは今朝も3時前起きであり、身体を直ぐには動けず動かすと足腰の痛みは半端ではなく、一人で唸り暫くは治まるまでじっとしている。起きたら直ぐに痛み止めの薬を飲むのは、2時間あれば耕祐の体位交換の時に薬が効きだすだろう。

腰椎すべり症と云われているが、以前のような痛み方ではなく両足にも激痛で物に摑まらなければ立っていられない状態である。こんな状態で耕祐の体位交換をするのを気に掛けてくれているのが「時の音の社長」であり、あいりんのスタッフも気に掛けてくれ、就寝支援には来てくれているが、朝の5時には無理である。その無理な時間に支援を申し入れてくれたので、オカンは耕祐の時間単位があるならば受けることにする。

若い時の痛みと、今の65歳の痛みとでは全く違い辛い。現在4時半であるので、注入の用意・介護を始める準備をする前に、耕祐の様子を見に行って電気を点けると目を覚ましたが、再び目をつむっている。起こすの可哀想だが5時になったので仕方がない。

少し歩行は痛みで困難であり、自立の為には歩行困難のようには云わず見せずであった。もう、薬だけでは痛みも治まらない気がする

4週間に1度の通院!

オカンは朝の注入の用意をして時間が早かったので、EDチューブに接続をして時間・流量をセットして5時半に開始のつもりでいたが、ブログの文章を考えるのに必死だったので、30分はあっという間に過ぎてしまい気付いた時は6時前であった

別に慌てることも無いのに、こういう時ってパニクリ2時間半の流量を2時間にして8時に終わるようにセットし直して開始である。デイでなければオカンが時間の調整が出来るんだが、つい、スタッフの事を考え過ぎた。本当は耕祐の事を優先に考えなければならないのにと反省。

訪問認定は10時15分だったので、エレベーターの所で耕祐と逢ったらしい。今のサービス時間を確保する為には介護認定は自立でなければならないので少し緊張をする。以前に比べれば簡単な調査だったと思い、物を3つ見せられて覚えておき、時間が経って答えるだけで名前と生年月日だけだった。「身体の痛い所はありませんか?」の問いにはどう答えて良いのか迷うのは、昨日から腰全体が痛く、そして、上着の被せの脱ぐ時に右腕が痛いのがかなり以前から感じているが大丈夫ですと答えた。

何時までも、耕祐の体位交換を一人では出来なくなるだろう。耕祐にとって良き策を考えなければならないが、今の生活リズムを狂わせる事になった場合、本人のダメージを考えるとオカンがホンマに自立でなければならないと思う

最近のオカンの楽しみは、18時過ぎの耕祐との会話であり、髭を剃りながら話しかけるとホンマに良く笑い言葉では答えれずとも、顔の表情で気持ちが伝わってくる。18時半に就寝支援で簡単な引き継ぎをして、19時過ぎには親子揃って入眠である。

「冬の花 早咲き椿 地面落ち 雪の下でも 椿の美なり」

「節分で たまには高価 恵方巻 大口開けて かじりしゃべれず」

2時に起きたのでまだまだ介護の時間にはならずで、頭触り熱も無く大丈夫で、除々に温度が下がり底冷えに耐えれず布団の中に潜り込む。救急車の音が鳴り響く夜明け前である。

今日は耕祐をデイに行かせ、オカンは洛南病院に行かなければならないのも億劫だなぁ。
布団中に潜り込むはずだったが、メール・fbを読んでいると時間が早く経ち、5時になったので介護開始である。でも、5時になってもコーヒーを飲んでいたので暫くほっておくと、暗闇で頭を懸命に左右に動かしていたので電気を点ける。バイタル正常で予定通りにデイに行かせて、オカンは病院だなぁ  

訪問調査!

耕祐自身に異状がなければ、毎日が同じペースでの生活だから、特別な事が何もなければ平穏な日々であることで喜ばしい

昨日も8時間はぐっすりと眠り、部屋は端と端だが14時に臭ってきたが暫くはそっとしておく。そっとしていたのが裏目に出る時もあるが、二人で体位交換なので漏れる可能性は少なく、起こされたのか自ら時間だからと起きたのかは定かではない。

でも、仰臥位になると顔が見れるので、ハッキリと起きており陰部も綺麗さっぱりして気持ち良さそうな表情である。この時間になると耕祐の目はテレビの方に向いている。

最近で面白いのは、18時過ぎに夜の注入の準備をして、耕祐に話しかけるオカン。「出来の悪い・・・・」と云っただけで大笑いをしだした「今日は誰がくるんかな、おまとうさんか?まいどさんか?」と聞くと笑う。そんな時にまいどさんが来てくれた。

オカンは告げ口が好きなので、豆大福の話をイッポさんにしている時も、耕祐は判っているのか大爆笑であった。オカンもこの2年で10キロ近く太りだしたので、穴ピーのお腹を見る度に5キロは減らさなアカンなと思う。

「我が子には 相続させぬ 時代(とき)なりて 親子の絆 稀薄寂しき」

「口そろえ 子に面倒は 看ていらぬ 団魂世代 健康コロリ」

各部屋に時計があるが、全部の時計の時間がマチマチであり、目覚ましを当てにすれば良いものを、目の前の時計を見て5時だからと体位交換である。被せ物を外し、じょく瘡予防グッツも外して「さぁ耕ちゃん、いくでぇ!」と気合いであり5分も掛からない、この作業が終ると毎回ホッとする。昨夜の最終に排尿が無かった割には、朝も少なかったと感じる。

火曜日は入浴つきデイであり、オカンは10時15分から訪問調査である。かかりつけ医の意見書をFAXで檀上先生にお願いしていたので、実は昨日(月曜日)の8時20分に薬はまだあるが、診療所に行って先生が書かれた内容を聞いてきた。

良き内容の意見書だとオカンは思い、先生に感謝である。
プロフィール

シサムの桜

Author:シサムの桜
1950年生まれ*
性格は気が早いのが短所*
現在はボランティアと福祉を
目指すのが生き甲斐と感じて
いるオカンです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。